潜在ジミとは?表に出さない方法!

潜在ジミとはまだシミとはなっていませんが、メラニン色素が沈着してこれからシミになるものです。
通に鏡を見ても分からないので特にケアが必要と考えない人がほとんどです。しかしメラニン色素を蓄積させ続ければ、最終的に濃いシミになります。

 

潜在ジミを見たい人は化粧品売り場の専用スペースや美容クリニックに行き、特殊な機械で肌の状態を調べてもらうと良いです。
一見肌が白くてきれいな人でも、機械を通して見ると潜在ジミだらけというケースも珍しくありません。
専用の機械を使わなくても、スキンケアを日頃から怠りやすかったり肌にくすみが出始めたりしてきた人は潜在ジミが多数ある可能性が高いです。潜在シミ対策として有効なのは、肌のターンオーバーを整えることです。ターンオーバーでメラニン色素を排出すればシミにはなりません。肌が乾燥していると細胞も活性化しないので、スキンケアは保湿に重点を置きます。肌のターンオーバーに欠かせない成長ホルモンは眠っている時に分泌されるので、睡眠時間を確保します。寝る前のパソコンやスマートフォンは止めて、質の良い睡眠をとる工夫も大切です。栄養バランスの整った食事をすれば、ビタミンやミネラルを豊富に摂取でき肌の生まれ変わりを促進します。

 

 

不要な角質が溜まってターンオーバーが遅れがちな人は、1週間に1回程度ピーリングを行うのも効果的です。やりすぎると肌の乾燥を引き起こすので、かえってターンオーバーが遅れてしまいます。また潜在ジミそのものを作らないために、紫外線対策をします。メラニン色素は肌を刺激から守るために作られるので、紫外線のダメージを最小限に抑えればメラニン色素の必要もなくなります。肌の露出はなるべく避け、日焼け止めを数時間おきに塗り直します。雨や曇りの日でも紫外線対策をしなければなりません。午前10時〜午後2時くらいが最も紫外線量が多くなるので、可能な範囲内で外出する時間をずらします。